オールコートでの戦術

オール コート には 点が取りた いときのイチカバチカの戦術のようなイメージがありますが、試合時間が短く、 コートも野に収めるということができなくなるためワンデイ大会では 1試合を通してやるのも不可能ではあ りません。チーム内でプレスでマ ークが外れてしまうことがあり ます。 敵のパスコースや ドリブルコースを制限をかけられる選手が揃っていれば、メイン戦術にするのもありです。 高い位置からマンツーマンでついていると、 自陣の裏には広大なスペースができるのでオールコートは 1人が抜かれたら一気にピンチになるので、 4人全員で相手を追い込んリスクも伴います。

Continue Reading →

相手によって 戦い方は変えるべき?

スペースがどこにあるは見極めることが大事です。 スペースが「手前」にある
相手が自陣に 引 い て 守 っているときは手前にスペースができる。 ミドルレンジからのシュー卜を積極的に狙っていこう 。 スペースが「問」にある 前の選手 がプレスをかけて、後ろの選手がカバーをするチームは「問」が空く 。問のスペ—スに入る動きが重要になる。スペース が「裏」にある
相手が前からプレスをかけてくれば裏 jが空く 。 相手の背後のスペースへのロングポ—ルを積極的 に狙っていきたい。ワンデイでも競技系でも攻撃をするときにいちばん見ておかなければいけないのが、相手がどんな守り方をしてくるのか、と いうことです。それによって何が変わってくるのかというと、使えるスペースが変わってきます。スペースには大きく分けて 3つあります。…

Continue Reading →

0.5秒の差が大きな差になる

プレスの肝は予測してボールが動いている聞にいかに距離感を詰められるか。相手がボールを持ってからプレスにいくのでは遅いんです。ボールが動いている聞にいくのと、ボールが動き終わってからいくのでは、たった0.5秒ぐらいしか変わらないかもしれません。ですが、0.5秒で人聞は1メートルぐらい進めるんです。これってすごいことですよね。 0.5秒早く動くだけで、相手に与えるプレッシャーは変わってくるんですから。 ポールが動く聞にプレスをかけることによって、相手は余裕を持ってプレーできなくなりますし、近寄ってくるこちらに気を取られてミスをすることもあります。ただし、1人でポールを取りにいこうとするのはダメです。トラップ際に飛び込んでしまう選手が多いですが、うまい選手だとファーストトラップでかわされたり、チョンと浮かされたりして1発で体を入れ替えられて、大きなピンチを招くことになります。      

Continue Reading →

始めの一歩が肝心

スピードに乗ったドリブ]レを増やしたいな5、なるべく少芯い歩数でスピードを上げ5れるようにしましょう。そのために大事なのがf始めの一歩」。最初の歩幅を大きくできれば、スピードを急激によげ5れます。しかし、ドリブルでいきな以これをやるのは難しいので、ますlまテhイフェンスlこ戻るときやボールを持っていないときに「始めの一歩jを大きくするよう意識して走り出しましょう。

Continue Reading →

夢の設定と目標の設定

府中アスレティックFCの選手はじめ監督、スタッフにとっては日本一のクラブとなるのか夢であり、目標である。これまでは圏内3大タイトルである関東リーグ、全日本選手権、地域チャンピオンズリーグでの優勝、そしてFリーグ昇格を目指してきたが¥現在はそのFリーグ制覇が夢となり、日々の練習、試合に励んでいる。夢は持ち続けるものだが、どこかで目標にしなければいけない。自分たちの中で思い描くことが夢から目標になった瞬間に「いつまでに」としづ期限ができて、「どうすればいいのかJということで現実的に努力するようになるからだ。府中アスレティックFCには「日本一になりたい」という目標を達成するためにメンバーカf集まってきている。そうやって少しずつ目標に近付いていく。もちろんチームのレベルによって目標は変わってくるだろう。初心者は「どうしても1勝したし¥J、中級者は11day大会で優勝する」、上級者になればT関東リーグを目指すJかもしれない。目標を口にして明確に打ち出すことで、練習でも試合でもプレーに対する姿勢が変わってくるはずだ。これはフットサルに限らずいろいろなことに当てはまる。もしもダメだったとしても、ダメだった理由を考えて次に生かせばいい。最後まで、諦めずにチャレンジし続ければ必ず夢は叶うはずだから。

Continue Reading →

狙いを持たせる

トレーニンクの終盤はゲームを行なうことが多い。ただこのゲームでも、 基本的にいろいろな条件を付けてやることで、その日その日のゲームの狙いをハッキリとさせる 。 タッチ制限 普通の5対5のゲームの中で、各選手のタッチ数を制限するやり方。 シンプルなバス回しを狙いとすれば、タッチ数を少なくするなどのルールを設ける。 数的有利、不利 縦川スを入れることを条件に、数的有利、不利の械兄に忽る設定を作る。 縦川スを入れて前のエ リアに出て、攻撃参加する意識を高める。

Continue Reading →