2種類のプレスのかけ方

フットサル大会の試合をするとき、何よりも先に決めるべきなのは、チームとして「どこからプレスをかけるのか」というラインの設定だ。これを曖昧にしたまま試合に臨むと、前の選手と後ろの選手の問にスペースが生まれ、そこを突かれてしまう。ディファンスのやり方としては、高い位置からプレスをかけていく「前線からのプレス」とハーフラインあたりまで一旦引いてから、そこから押し上げながらプレスをかける「ハーフから押し上げ」の2種類がある。「前線からのプレス」「ハーフからの押し上げ」、この2つを試合の状況に応じて使い分けられるのが強いチームだ。

プレスのスタート地点の目安

前線からプレスをかける場合、スタート地点の目安となるのはコートの敵陣の半分あたり、ゴールラインから10~ 12メートルの位置だ。相手がボールを運んできたら、1列目からプレスをかけ始める。1列目の寄せを見て、後方の選手はパスコースを読んで、インターセプトを狙う。もしも、1列目のプレスがかわされてしまったときは、一旦ボールの高さまで、全員が下がって、ハーフライン付近まで引くのがセオリーだ。ただし、引きっぱなしになるのではなく、プレスをかけられる準備ができたら、ボールに寄せていくことが大事だ。

CHECK1 前線からのプレス

前線からプレスをかけるとき、プレスラインの自安になるのは、相手コートの半分ぐらいの位置。

CHECK2 ハーフからの押し上げ

前線からのプレスで1列目が突破された場合や、相手の実力が明らかに格上な場合は、ハーフライン付近にプレスラインを設定して、そこから押し上げる。