フィクソは前でボールを奪うのが基本

フットサルのフィクソは攻撃の起点となるピヴォのマークをすることが多い。フィクソの選手に心掛けてほしいのが、できるだけ相手の前でボールを奪うプレーを狙うことだ。よく、マークする相手の後ろにピッタリとくっついている選手がいるが、これでは前でカットすることができないので、ボールを簡単に収められてしまう。反対に相手の前に完全に入るのもNGだ。マークする選手を見るときに後ろに首を振らければ、見失った瞬間に動かれてパスを通されるリスクが大きくなる。

マークを見失うのはダメ

フィクソの基本的なポジショニングは、ボールのあるサイドに体を向けて、マークしている選手のちょっと前に入ること。パスが出方瞬間に相手よりも早く前に出られるポジションをとっておこう。ボールが左サイドにある場合は、ボールのほうに体を向けマークする相手の左横にポジションをとる。ボールが右サイドにある場合は、マークする相手の右横にポジションをとろう。インターセプトを狙うには、ボールのほうを見る必要があるので、マークする選手から、視線を離れなくてはならない瞬間が出てくる。そのときは、GKとコミュニケーションをとったり、あるいは手で軽く相手に触れたりして、相手の位置を確認する。あまり露骨に手を使うとファウルをとられるので、気をつけよう。

CHECK1   完全に前•後ろに立つ

後ろに入るとマークを見矢うことはないが簡単にボールを収められてしまう。完全に前に入るとマークを見失って裏を取られやすい。

CHECK2  横に立つ

ボールのほうに体を向けて、左サイドにあるときは左横に、右サイドにあるときは右横に立つ。相手の少し前に入るとカットしやすい。