首を振って「前」と「後ろ」を気にする

フットサルでよくあるデイフェンスのミスが、目の前の相手しか見ないで寄せていくことだ。マークする選手しか見ていないため、簡単にほかの選手にパスを通されてしまう。ボールに寄せていく場合には、自分の「前」だけではなく、「後ろ」も気にしなくてはいけない。ディフェンスでの立ち位置は、自分の後ろにいる相手のポジションによって変えていく必要がある。いくらボールに寄せるスピードが速くても、パスコースが空いていたら、簡単にパスを出される。何度も首を振って後方の状況を確認し、相手のパスコースを消しながらボールに寄せていくのが、プレスの基本だ。

相手と駆け引きしながらプレスをかける

優れた選手というのは、ボールを持って1対1を仕掛けてくる場合でも、常に顔を上げてパスコースを探している。そして、ディフェンスがボールしか見ていないと思えはパスを出す方向と別のところを見て、こちらにフェイントをかけてくる。ディフェンスの選手が首を振って後方の状況を確認していれば、ボールを持った選手は「パスを出しでも読まれるかもしれない」と感じるものだ。プレスをかけるといっても、闇雲に突っ込んでいっても意味がない。相手と駆け引きをしながらプレスをかけていこう。

CHECK1  ボールだけをみている

縦のパスコースが空いているのに、後ろを確認せずのボールだけを見ていると、相手との距離が近くても簡単のパスを通されてしまう。

CHECK2 ボールと周りを見ている

ボールに寄せながら、首を振って後方の状況を確認する。縦方向に相手がいる場合は、パスコースを消すととで相手の選択肢を少なくするととができる。