抜かれたら、どうすればいいのか

フットサルでは相手選手にテクニックがある場合、1対1の勝負になれば個人技でかわされるリスクも高い。抜かれた後の守り方を整理しておかなければ、簡単に失点してしまうので、気をつけよう。抜かれたエリアがゴールから遠ければ(10メートル以上)、フィールドプレーヤーが対応する。近ければ(10メートル以内)、GKが対応するのが基本的な考え方になる。やってはいけないのは、抜かれたからといって、中にいる選手とGKが同時に出てしまうことだ。GKが出たときは、中の選手はマークにつき、中の選手が出たときは、GKは残る。

昧方向士が連係しながら守る

フットサルでカバーリングに行く選手は、シュートコースとパスコースの両方を気にする必要がある。相手の判断を迷わせることができれば、味方が戻ってくる時間を稼げるからだ。ドリブルで抜かれた選手は、味方が出ている間に戻らなくてはいけない。GKが出たときは、ボールを持っている選手を追いかけるのではなく、ゴールのカバーに入ろう。フィールドプレーヤーが出たときは、その選手がマークについていた相手のマークのつく。抜かれたときは、瞬間的に数的不利になるが、味方同士が連係すれば、危険な時間を披小限に抑えられる。

CHECK1  GKが出たとき

GKが前に出たら、叛かれた選手はゴールのカバーに入る。中の選手はパスコースを消しながうゴール前の相手のマークにつく。

CHECK2   中の選手が出たとき

中にいる選手がカバーに行ったら、GKは飛び出さすιに残る。カバーに行った選手は、ゴール前へのパスコースを消しながら寄せる。抜かれた選手は、力バーに入った選手がマークについてた相手のマークにつく。