全員で連動して守る

フットサルでの向陣でボールのある位置よりも後ろに味方全員がいる。いわゆる押し込まれた状態での守り方も覚えておこう。ゴールまでの距離が近いため、味方選手1人がかわされたら即座にシュートレンジになってしまう。もしも、サイドの選手がかわされたときは、フィクソがカバーリングし、逆サイドのアラが中に絞り、ピヴォが後ろまで下がるというように、全員がポジションを素早く修正することが必要不可欠だ。このとき、フットサルでは逆サイドのアラがあまり中に絞りすぎると、逆サイドのスペースが、がら空きになりピンチを招くことがある。バランスをとりながら対応しよう。

サボっている選手がいたら…

抑し込まれたときは、基本的にデイフェンスの人数はそろっている。しかし、人数がそろっていてもカバーリングやポジション修正が避ければ、せっかくの人数を活かすことができない。フットサルではディフェンス同士の距離も近い分、他人任せになってしまうこともあるので、サボっている選手がいたら他の選手が声をかけてあげよう。自分たちよりも強いチームと戦うときは、どうしても押し込まれる|時間も増えるが、そこでいかにチームとしてまとまって守備をできるかが、勝利のカギとなる。

CHECK1    自陣に押し込まれる

自陣で、ボールの位置よりも後ろに全員が下がった状態。サイドからドリブルで突破されてしまって、シュートレンジまで運ばれる。

CHECK2   素早くポジション修正

フィクソが自分のマークを捨ててカバーに出る。それに合わせて、逆サイドのアラが中に絞って、ピヴォはボールのラインまで下がる。

おすすめサイト:フットサル大会を東京でやるならヴァンクールスポーツ